借金の未返済による新規ローン契約の可能性

キャッシングベスト3

あと少し…借金を返済し終わるまではローンが組めないってほんと!?

住宅ローンや自動車ローンをはじめとして、高額なローンを組もうと考えていらっしゃる方、あるいはそこまで高額ではないけれども、ローンを組んで数十万円程度の買い物をしたいと考えていらっしゃる方のなかには、既に銀行や消費者金融で借金をしているのだけれど、というお悩みもあるでしょう。特に高額なローンを組まれたい方は、もどかしい思いを抱えていらっしゃるでしょうね。

では、本当に既存の借金があると、新たなローン審査に合格できないのか?と申しますと、それはローンの種類と借金の残額によります。あと2、3万円の返済を残してはいるけれども、10万円程度の商品を購入するのにローンを組みたい、ということであれば、審査には通る可能性が高いでしょう。ですが、数十万、数百万円の借金が残っている場合は難しいと思われます。

クレジットカードならどうか?と思われるかもしれませんが、そもそも消費者金融での利用情報は、カード会社にも把握されています。カードを作成する前であれば、借金の額によっては申し込みの審査に通りませんし、既にカードを作った後で多額を借りても、借金を年収の3分の1から差し引いた残額(総量規制による)しか利用することはできないのです。

住宅ローンや自動車ローンの場合、もっと深刻になります。とりわけ住宅ローンに関しては、現在完済していたとしても、「消費者金融での借入履歴」があるだけでマイナスイメージを与えることもあるのです。勿論物件の額にもよりますが、出来ることならば審査の際にだけでも、キャッシングカードを解約しておいた方がよいでしょう。

キャッシングそのものが悪であるというわけではありません。ただ、現時点での返済状況により、あなた自身の経済生活が模範的ではないと思われる場合があります。借りたものはしっかりと計画的に返し、完済の目処がたってから新たなローンを組むことをおすすめ致します。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《キャッシング審査》通りたい!※アナタの時間を無駄にしません All Rights Reserved.