離婚の際の借金の分担とカードローンの処理

キャッシングベスト3

離婚したら借金も分担ってホント?カードローンは個人名義だけど…

例えば離婚する際、世帯内に借金があると複雑ですよね。完全に共働きで、財産も均等に分かれているということであれば簡単ですが、夫婦であるからには共有している部分もあるでしょう。更に、家族カードでローンを組んでいた場合にはどうなるのでしょうか?見てみましょう。

まず、奥様が専業主婦であり、旦那様の収入不足によって借金を強いられた場合は、負債は旦那様が負うことになります。奥様の収入によって返済していた過去がないわけですし、法的には奥様に返済義務はありません。まして、借金が離婚の原因であるならば尚更です。もちろん、人情的に全て任せるのは忍びない、ということであれば、お2人の間でどうするか話し合われても構いません。ただし、旦那様が借金をした時に、連帯保証人として奥様の名前を記していた場合には、共同で返済を行う義務がありますので、注意しましょう。

また、共働きである場合には、重要となってくるのが「名義」です。基本的にはどちらの名前で借金をしたのかによって返済義務が与えられます。ですが、例えば勝手に相手の名義を使用したとか、本人の行為によらない借金についてはあくまでも「借りた側」の責任になります。カードローンについても同様です。家族カードとはいえ名義はそれぞれにありますから、負債は個人で負うことになります。

最も難しいのが住宅ローンや自動車ローン等、「夫婦共同での借金」です。これについては、仮に住宅や自動車が、ローン残額以上の値段で売却できる場合、それを売ってお金にし、残った利益を二人で分ける、ということになります。ですが、残額以下でしか売却できないのであれば、ひとまず売却し、残った損失を名義人が負うか(夫婦のもう片方が保証人であるならば、共同で負うことにもなります)どちらかが住宅や自動車を利用し続け、支払いもし続けるか、という選択になります。

一度は夫婦になった以上、離婚を選ぶことになるのは悲しいですが、財産や負債の問題は今後の人生にも多大な影響を及ぼします。配偶者と別れ、新たな人生を歩もうとするためには、互いに毅然として話し合いを行いましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《キャッシング審査》通りたい!※アナタの時間を無駄にしません All Rights Reserved.