貧乏学生の実話…家は頼れず学費は払えない!どうしたらいい?

進学と共に家を出て、大学生で一人暮らしをされている方は、生活費を捻出するのが大変ですよね。まして、学費を自ら支払わねばならず、余程のことがなければ親元を頼れない、という場合には、その困窮は測り知れぬものがあります。大学の学費ともなれば、年間で100万円前後の出費になりますから、学校に行きながらアルバイトで稼ぐのは難しい金額です。

そこで、もし学費を払えないどころか、公共料金の支払いすらできないかもしれない、という状況に立たされた時、大体の学生さんは我武者羅に稼ごうと次第に授業に出席できなくなり、単位を落としてしまいがちですよね。それでは本末転倒ですし、多少アルバイトに精を出したところで、休学しない限り長期間休むということはできませんから、期限内に支払える額ではありません。

ではどうすればよいのか、というと、これは急に貰えるものではありませんが、学費の支払いが難しいのであれば、まずは奨学金の申請を考えましょう。これについては既に貰っている方もいるでしょうが、今の金額が最大でなければ増額の申請をします。審査に受かれば最高で月に十数万円を受け取ることが可能です。勿論卒業後、基本的には利息込みで返済しなければなりませんから、しっかりと行いましょう。取り扱い機関によって金額や返済の詳細が異なるのも特徴ですから、よく調べてみて下さい。

しかし、上記の奨学金は、大学によって定期的に募集が行われており、期間が決まっているのが難点です。今日明日にでもお金が必要だ、という場合には、金融機関から借り入れるしかありません。キャッシング、といえば何となく怖気づいてしまうかもしれませんが、正しい方法で借りれば、何も恐れることはないのですよ。

ただ、あくまでも学生の身分ですから、審査に合格することは難しいでしょう。ですが、アルバイト収入の金額によっては、借入が可能かもしれません。なかには学生専門で窓口を開いているところもありますし、学生専用のクレジットカードも運営されています。よく調べ、身分証を持参の上相談してみて下さい。

就職希望先が金融機関である場合には、就活の際に消費者金融での借金履歴が不利になるという説もありますが、大学を卒業できなかったり、命に関わったりするようであれば、そもそも先の就職など望めません。限界に達する前に、早めに対処しましょうね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《キャッシング審査》通りたい!※アナタの時間を無駄にしません All Rights Reserved.