自営業者でも個人的に借入可能?収入の証明はどうやってするの?

キャッシングやカードローンは基本的に勤め人等の個人向けに運営されていますから、もし自営業の方が申し込みをしたいと思われた場合、途中で戸惑うこともあるでしょう。サラリーマンならば会社から給与明細を受け取ることができますが、自営業の方で個人的に帳簿をつけていらっしゃるならば、何を証明書類として持参すればよいのか分からなくなりますよね。そもそも自営業者が個人的に借入できるのか?と疑問を持たれることも多いでしょう。

まず、事業性資金を借り入れたい場合は、消費者金融ではなく銀行に融資の相談に行きましょう。一部の銀行系消費者金融でもプランを設けているところはありますが、いずれにせよ事業資金として運用することは、個人向けな借入プランでは基本的に不可とされていますから、専用の窓口を利用する必要があります。審査の内容としては、過去数か月間の経営状況と収入、今後の事業計画等を求められますので、どういう風に利用したいと考えているのか、までしっかりと提示できるようにして行きましょう。

また、事業性資金ではなく、消費者金融で生活費や娯楽費としての目的で借入をしたい場合ですが、これについては自営業者であっても受け入れられます。収入の証明方法としては、窓口で尋ねるかメール、電話連絡で聞けば教えてもらえますが、行政で発行される課税証明や、確定申告の際の書類の写しを使用するのが一般的です。

昨今では自営業者専用のカードローンやキャッシングも増えていますので、参考にするとよいでしょう。ただし、いずれの場合も経営状況が著しく悪化していると、返済不可能とされ審査に通らない恐れがありますので、返すことまでしっかり考慮して借りて下さいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《キャッシング審査》通りたい!※アナタの時間を無駄にしません All Rights Reserved.