カードローンの使途は調べられる?事業性資金でもバレなきゃ大丈夫?

カードローンやクレジットの利用条件として、よく挙げられているのが「事業性資金には利用不可」というものです。これはあくまでもカードを開設したその人個人との契約だからであり、その人が運営している商店、あるいは会社と契約しているわけではないので設けられている決まり事と言えます。事業性資金として使用したければ、銀行等から融資を受けるか、事業性資金専用のカード、キャッシング審査を通るしかありません。

しかし、別に限度額の範囲内ならば、事業性資金として使っても露呈しないのではないか?と考える方もいるでしょう。わざわざ毎回使途は調べられないだろう、まして数百万円が限度額のカードで、数十万円利用したところでバレるはずがない、と思われるかもしれません。

結論を言えば、使途をそこまで明確に調査することは実質不可能に近いため、事業性資金として使ったところですぐに露見するということは考えにくいでしょう。しかし、それに味を占めて繰り返し使用し、結果露呈してしまった場合を想定してみて下さい。そのカード会社から契約を破棄されるだけではなく、共有されている信用情報により、他の金融機関での信頼も失ってしまうことになります。

そうなれば、今後借入を利用することは難しくなるでしょうし、経営は逼迫してしまうでしょう。カードローンの限度額以下の金額で、そこまでの代償を支払うのは賢い選択ではないと言えます。ですから、必要であればはじめから事業性資金として融資を受けられるよう、相談することをおすすめいたします。勿論、個人相手の審査よりも厳しいものではありますが、今後の経営、ひいては将来のため、しっかりと事業計画を立てて臨みましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《キャッシング審査》通りたい!※アナタの時間を無駄にしません All Rights Reserved.